「iPad生活」IPad 11インチ重くないか?

こんにちは、ゆきてくです。

突然ですが、iPad Pro 11インチって重くないですか?

IPad生活をしていくなかで、iPadを持っている時間が極端に増えました。

座りながらブラウジングしてたり、ApplePencilでメモを書いてたり、Youtubeをみたりしています。場合によっては床に座りながらゲームしてます。(音ゲーです)

そのなかでiPad Pro 11インチが日に日に「重い」と感じることが増えました。

ケースをつけていることも原因の一つと考えられるので、抵抗があるものの外して使ってみたのですが、「確かに軽くはなったけど、なんか重い」と思うことは変わりません。

どれぐらいの重さなのか気になって調べてみたら、

Pro(第1世代)は使用中のモデル 現行のAirとほぼ変わらない

「約500g⁉️

 500mlのペットボトル1本分かよ😫そりゃ重たいわ」

重量バランスはあるもののペットボトルを持ちながら操作してるって考えるとすごいですね。

購入する時にお店で持って「全然軽い」って思った覚えがあるんですが、実際に使う頻度が多くなると変わってくるものですね🤔

今後のデバイス選びの参考になるいい気づきになりましたし、買ったモノのレビューを自分のなかで定期的にすることも重要なことだと学びました。

以上です。

「iPad生活」モニター使用で気づいたこと デメリット編

こんにちは、ゆきてくです。

前回に引き続き「iPad生活」モニター使用で気づいたことを話していきます。

今回はデメリット編です。メリット編は下記を見ていただければと思います。

yukiteku.hatenablog.jp

 

デメリット

・多くのアクセサリーが必要になる

・デスク上のスペースが狭くなる(結局PCと同じかそれ以上)

 

 

多くのアクセサリーが必要になる

モニターを見ながら操作するようになるため、もちろんキーボードとマウスは別途購入する必要が出てきます。キーボードやマウスは安い社外品が多くあるのですが、実は注意しないといけなかったりします。

キーボードに関して、経験上様々な問題からApple純正のMagic Keyboardがおすすめです。(理由は下記のリンクを参照願います)

yukiteku.hatenablog.jp

yukiteku.hatenablog.jp

マウスに関しては社外品でも問題ないのですが、正直なところAppleのMagic Trackpadは個人的には必須だと思っています。iPadだと何度もホーム画面に戻ることが多いと思うのですが、Magic Trackpadがあると指の動きだけで簡単に戻ることができますし「ピンチイン」「ピンチアウト」も同様に可能です。モニター使用でもiPadと同じような感覚で操作出来るようになるのでかなり便利です。

ただMagic Keyboardだけでも結構な値段がしますし、Magic Trackpadも必要となるとアクセサリだけでもなかなかの費用がかかってきます。

 

デスク上のスペースが狭くなる

複数のアクセサリーを接続するのでテーブル上のモノが多くなりスペースを多くとられます。モニターと接続するためにデスク上にiPadも置かなければならないので結構奥行きが取られるんですよね。

スペースを作るためにデスクの隅などに置いたりしてみましたが、ロックの外しやアプリのダウンロード、認証などの観点から触りづらいところに置くのは不便でストレスを感じました。

また、当然iPadを操作するたび毎回キーボードやマウスなどを使うわけではなく、iPadだけリビングに持っていくこともあります。その場合モニターや複数のアクセサリー類はずっとテーブルの上に置いた状態になっており現在進行形で困ってます😫(かなり邪魔です)これを解決するには収納方法を考えるか収納場所を用意するしかないんですよね〜😔

スマートとはとても言い難い

モノで取られている面積から考えればiMacのようなオールインワンのPCより多くとられているように思います(iMacはキーボードをモニター下部に収納可能ですし...)。せっかくiPadのみの生活でモノが少なくなりデスク上のスペースは快適だったのに結局PCを置いているのと変わらない状態になってます🤔

費用の面から考えてもiPad+モニター+アクセサリ類でMacbook Airの値段はするんじゃないかと思います。

結論

IPadをモニターに繋げPCのように使用する場合、必要なスペースと費用ともにPCと変わらない、もしくはそれ以上の可能性がある」

 

 

使用しているアクセサリー

 

「iPad生活」モニター使用で気づいたこと メリット編

こんにちは、ゆきてくです。

IPadのみの生活を始めてから眼精疲労がひどくなってきていたため、モニターを導入し10日程経過しました😃。始めはiPad Pro 11インチの画面サイズで全然問題ないと思っていましたが、続けていくと想像以上に支障が出てきました😭。モニターありのiPad生活を続けてみて気づきが色々あったのですが、今回は良かったことをお伝えします。

 

モニター導入して良かったこと

・眼精疲労の改善

・肩や背中が痛くなりにくい

・どっしり落ち着いてやれる

 

眼精疲労の改善

IPadのみの生活を始めてから本当に眼精疲労が続くようになりました。目がチカチカしたり、奥の方が痛かったり...🥹🥹🥹。ですが、モニターを導入しただけで大きく改善されました。モニターのパネルも関係しますが、モニター側で輝度やコントラストなど細かに調整できる点が特に大きかったですし、モニターとの距離を目にとって適正なものにできた点も大きかったんじゃないかと思ってます。また、文字が大きく表示されるためブラウンジングで文字を読むときに目を凝らす回数も少なくなりました。

愛用の目薬 使う頻度がガクッと下がりました

身体の痛みの改善

モニターを導入したことで、目線が真っ直ぐになり、首や背中が痛くなりにくくなりました。テーブルの上でiPadを操作することになると、iPadをテーブルに置いて使用することが多いので、視線は下になり背中が丸くなったり首や背中が痛くなったりするんですよね。私の場合2時間もやれば結構身体の凝りや痛みを感じたり疲労感を感じます😫

じっくり落ち着いてやれる

ブラウジングする場合落ち着いてじっくりとやれるようになりました🧐私だけかもしれませんが、スマホタブレットだと何故か急いで出来るだけ早くやろうとしてしまいませんか?(焦燥感を感じたり...)。それがモニターがあるだけでどっしりと構えて落ち着いて出来るようになりました。なので変な気の疲れ(脳疲労的なもの)も少なくなりましたし、調べていることについてじっくり思考しながら見れるようになりました🤔。スマホタブレットだと何故か急いでしまうことが私だけかもしれませんので、みなさまに該当するかはわかりませんが非常に楽に感じています😌

13年前に購入したモニター 今頃役に立つとは思っていなかった…

最後に

IPadの画面を映す変換アダプターですが、USBの差し込み口が合えばPC用でも使用できるものではありませんので購入時はご注意ください。メーカーがテストしているものを購入したほうが間違いないと思います。私が購入したものは以下にリンクを貼っておきます。気になる方はチェックしてみてください、価格も比較的安いものになってます。

 

 

yukiteku.hatenablog.jp

 

yukiteku.hatenablog.jp

 

 

VCOM USB-C変換アダプタ 「VGA使えるし多機種のデバイスに使える」

こんにちは、ゆきてくです。

今回は先日購入したiPadの変換アダプタのレビューになります。

「VCOM USB-Cドッキングステーション」です。(名前が長すぎるので省略)現在PCを使わずiPadのみを使用して生活していますが、眼精疲労が続いているためモニターを試験的に導入することになりました。

 

yukiteku.hatenablog.jp

それではレビューに入りたいと思います。

製品の説明

この製品はiPadの画面をモニターやテレビに映したり、USBメモリを使ってデータ移動したりすることができるものです。

差し込み口がUSB-CになっているためiPhoneなどに採用されているLightning端子のiPadには使用できませんが、Androidスマホ  Macbook surface Chromebook など幅広く使用可能です。(下記のリンク先に記載されているので対応機種が確認できます)

USB-C

接続できる端子は以下の通り。

HDMI

VGA (D-sub 15ピン)

・USB Aタイプ

・USB Cタイプ(給電用)

・イヤホンジャック(3.5mm)

接続できる端子

付属品はポーチのみでした。

パッケージとポーチ

いくつか注意点があり、iPad側で音量調整が出来ません(イヤホン使えば音は聞けます)モニターにスピーカーが内蔵されていない方は要注意です。マイクも非対応になっています。

 

実際に使ってみた使用感

サイズがコンパクトなので使いやすいですし、VGA対応なので厚みが少しあるのですが、そこが製品の安定感につながっています。また、試しにMacbook Pro 2017に接続してみましたがきちんと映りました。

本体のカラーもiPadMacbookのスペースグレイに色合いが似ているのでチープな印象は受けないですし、側面がキズの目立ちにくい素材なのでその点もgood。

ただ一つ挙げるのであれば、やっぱりiPad側で音量調節が出来ないところが不便に感じてます。特にスピーカー内蔵されていないモニターを使用している方は、音量調節する手段がないのでかなり不便だと思います。

逆に言えばその点ぐらいしかネガティブな点がないですし、幅広い機種の対応をしておりVGAが使用できるUSB-Cの変換アダプタは意外に少なく値段も高かったりするので結構レアだと思います。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

「もし不良品の場合は交換を致します」とわざわざ発送メールとは別で送られてきましたのでamazonで購入しましたが不良品に当たってしまった場合でも安心できると思います。

価格が安いので非常におすすめです。以下にリンクを貼っておきます。

 


 

「iPad生活」眼精疲労が酷くなってきたので改善したいです

IPad pro 11インチ(第1世代)

こんにちは、ゆきてくです。

PCを使わずIPadのみで生活を続けている私ですが、目の疲労を感じることが増え眼精疲労が続いております。結構辛いです、目の奥が痛いです、チカチカします、ショボショボもします。

それを改善するためにモニターを試験的に導入することにしました。使用しているテーブルが小さく、奥行きもないため正直なところあまり乗り気ではなかったのですが、健康を害するぐらいならと思い13年前のモニターを引っ張り出してきました。

13年前に購入したモニター

接続端子を見てみると、流石にHDMIの端子はなくD-sub15ピンとDVI端子しかなかったため(そりゃそうだよなw)それらが使用できる変換アダプタをamazonにて購入しました。

ずっとモニターを使用するとも限らないですし、最悪MacBookの方でも使用でき、値段もできるだけ安いものを選びました。2400円ぐらいでしたね。

購入した変換アダプタ(VCOM)

接続は特に問題なく進み良かったのですが、いざ接続してみると

モニター「ピーーーーーーーーーー」

ゆきてく「................」

なんか信号みたいな音がずっとなっています(うるせぇ)

流石13年前のモニター(笑)

実際どれぐらい眼精疲労が改善されるかわかりませんが様子を見てみようと思います。

変換アダプタとモニターありのiPadの使用感は後日レビューしますので、よかったらまた見に来てください。

購入した変換アダプタは下記にのせておきます。

 

 

「iPad生活」Youtube Twitter Netflix 全てブラウザ版にまとめた方が便利だった件

こんにちは、ゆきてくです。

前回にもお伝えした通り現在Youtubeでもブラウザ版を試験的に利用しています。アプリ版だと誘惑が強く、目的もないのにアクセスして意図していなかった動画を見ることで、やろうとしてたことが出来なくなったりして、私生活に支障をきたしたためです。いまのところ効果が大きくコントロール出来ているのですが、NetflixTwitterなどもブラウザ版を使用しているふと思ったことがありました。

 

「ブラウザからサービスを利用できるんだからアプリ版っていらなくない?」

「そもそも一つのアプリから様々なサービスを利用できる方が便利だし(少数で多機能)、デバイスのストレージ的にも無駄がなくないか?」

 

スマホタブレットが普及して毎日使用しているなかで、いつの間にか「ソフトやサービスの利用=アプリのダウンロード」と考えが変わっており、あたかもアプリを入れないとできないと勝手に思い込んでいると気づきました。

まだパソコンのブラウザ上で色々なネットのサービスを利用していた世代だからこその気づきかもしれません(笑)

Twitterはアプリを削除することでストレージを1GB削減できましたし、YouTubeではブラウザ版だと動画の音声のみを聴きながら別のサイトを見れるようになりました。アプリ版はSplit Viewを使えばsafariも起動できるんですけど画面が小さくなります。ブラウザ版はSplit Viewを使わず出来るので画面を大きいままにsafariで他のサイトを見れますし、Split Viewを使えば動画の音声聞きながらsafariを開きつつ他のアプリも使用できます。

動画の音声を聴きながらsafariとメモアプリを使用

そして何よりホーム画面に戻る回数が減って楽になりました。些細なところかもしれませんが、これが地味に大きくタブレットを操作する中で想像以上にホーム画面に戻っていたんだと気付かされました。

下部に置いておくアプリも減らすことが出来るので見た目もスッキリする

このような感じでブラウザ版を利用するようになって良かったことを話してきました。何かをしながら何かを出来るのでPCに近い使い方ができるようになります。アプリの方がいちいちログインしなくていいから便利という点もあるんですが、ログインIDやパスワードをデバイスが記憶してくれますしAppleのデバイスなら共有もしてくれるので不便さを感じにくいです。

もしYoutubeを見過ぎて生活に支障が出ているとかYoutubeTwitterなどの時間を少し短くしたい人がいらっしゃったら試験的にしてみてください。おすすめです。

Netflix むしろブラウザ版の方が便利じゃない?

こんにちは、ゆきてくです。

Netflixをブラウザ(safariなど)で利用し始め2週間ほど経過しました。意図していなかった動画を数多く見てしまい、無駄に時間を消費しただけでなく生活習慣に悪い影響を及ぼした経験から試験的にブラウザで利用することになりました。実際に使っていくと、むしろブラウザの方が便利じゃないかと思ってきているので、今回は良かった点をご紹介したいと思います。

ブラウザで利用するようになって良かった点

  • Split View機能が使用できる
  • ホーム画面がちょっとスッキリする
  • 無駄に動画を見ることが少なくなる

 

Split View機能が使用できる

Netflixのアプリ版はSplit View機能に非対応で動画を見ながら何か別のアプリを開くことができないんですがsafariは対応しているため動画見ながらLINEだったりTwitter見たりすることが出来るんですね。(もちろんsafariも可能)Youtubeのアプリ版は対応しているのでNetflixも対応しているものと勝手に思い込んでました。

Split View使用時の画面

 

ホーム画面がちょっとスッキリする

ブラウザから利用することになれば、Netflixのアプリはいらなくなるので不要になります。ただでさえ、アプリの種類が増えホーム画面がごちゃごちゃしやすくなってきているので1つとはいえ嬉しいポイントだったりします。ストレージもそのぶん空きますしね。

 

無駄に動画を見ること(無駄な時間を費やすこと)が少なくなる

ブラウザ利用だと注意を持っていかれず誘惑が少ないので無駄にアプリを開いて、動画を探したり以前に見た作品を見返すようなことが少ないです。その結果、ただでさえ時間が足りないのに「わざわざ自分から見る動画を探して時間を足りなくするという自分で自分の首を絞める状態」から解放されました。何も面白そうな動画を全く探さないとかではなく「見ようと思っていた動画だけ見る」「決めた時間の時だけ動画を見る」のようにコントロールできる状態に変化しました。

 

以上になります。ブラウザ版を利用していて不便なことやアプリ版でしか出来ないことが特に見つからないので何も支障をきたさないですしオススメです。そもそも金額チャージや契約プラン変更などはブラウザ版しかできないので結局ブラウザ版にアクセスすることになるんですよね...。ちなみに、この「ブラウザで利用する」方法をYoutubeでも導入して現在実験中です。